フェラーリ 488 GTB ベルリネッタ | maisto ミニカーショップ

世界中の名車をあなたのもとへ!! 

2018/10/18 19:59

458イタリアの後継モデルにあたる「488GTB」

488GTBは、2015年1月31日 (イタリア現地時間) に、まずフェラーリが「謎の新型車」を予告するというかたちで情報が公開されるところから始まった。最初に情報が公開された時点では、新型車のキーワードとして「デザイン (DESIGN) 」という語が示されただけであった。
次いで、新型車が夜道を走行する動画が公開された。この動画が公開された時点で一部の自動車専門雑誌などでは、458イタリアをベースとし、大幅な改良が加えられた「458M」となる可能性や、「F12ベルリネッタ」に合せて新たに「F8」というネーミングになる可能性、さらにカリフォルニアTにて搭載されたターボチャージャー搭載の可能性が取り沙汰された。
 そして2月3日 (現地時間) に、458イタリアの改良型であることや、車名を「488GTB」と改めることなどが公式に発表された。車名の488は一気筒あたりの排気量を表し、GTBはGranTurismo Berlinetta(グランツーリスモ・ベルリネッタ)の略である。
 488GTBはスタイリング、車名とともに、かつての308GTBを彷彿とさせるものとなっている。そして、2015年3月に開幕したジュネーヴ・モーターショーにて、改めて正式に一般公開された。

 エンジンは、90度V型8気筒ターボを搭載。目を引く大型のエアインテークは、オリジナルの308GTBを意識したもので、スプリッターによって2分割されている。
革新的なブ口ウン・スポイラーは、空気抵抗を増やすことなくダウンフォースを獲得するデバイスで、可変フラップを備えたアグレッシブな立ち上がり角度のディフューザーと一体で機能する。
円形のLEDテールライトもまた、新デザインを採用。
進化したフェラーリのサイドスリップ・アングル・コントロール・システム(サイドスリップ・コントロール2‐SSC2)は、精度を増し、より理想的なコーナリングを実現。
左右ハンドル設定
https://maisto.supersale.jp/items/13106199
488GTB エンジン始動音&フェラーリサウンド

  • Home
  • About
  • Blog